サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

ベッカム、暴言&皮肉のジェスチャーで退場

リーガ第8節、ホームのサンティアゴ・ベルナベウにバレンシアを迎えたレアル・マドリーは、良いところなく1-2で敗れ去った。ロナウド、バチスタの主力2人をケガで欠くこの日のレアル・マドリーは、頼みのジダンが前半8分の先制のチャンスでPKを外すなど大ブレーキ。また、後半途中に投入されたグラベセンが、登場から7分後に1発レッドで退場、さらにその直後にはベッカムも退場処分となって最後は9人での戦いを強いられた。

 ベッカムの退場シーンは後半42分だった。まずは味方選手が犯したファールの判定に怒って主審に暴言、これで1枚目のイエローカードを提示されると、今度はその判定に対して“嫌みの拍手”。このジェスチャーに主審が2枚目のイエローカードを示し、たった5秒間での退場劇となった。

 頼みのジダンは不調から立ち直れず、期待のグティも見せ場なし。さらには、レアルに加入してから最高のシーズンといわれ、現在リーガのアシスト王のベッカムまで退場とあってはルシェンブルゴ監督もお手上げだ。

「パブロ・ガルシアの2枚目のイエローカードを恐れて投入したグラベセンは、いきなり退場だし、ベッカムも審判に何を言ったか知らないが、あんなことになるし……」と指揮官は呆れ顔。

 次節の26日、レアル・マドリーはここ5シーズン勝利のない苦手のスタジアム、リアソールでデポルティーボ・ラ・コルーニャと対戦する。ロナウド、バチスタ、ベッカム不在でどう乗り切るか? 3年ぶりのタイトル奪取を義務付けられたルシェンブルゴ監督の悩みは尽きない。

ベッカム・・・・。んー・・・。
イングランドのルーニーが同じようなことして
退場になりましたよね^^;

んー、、これじゃ困りますよねぇ・・・。
せっかくベッカムの調子がいいんだから、
少し我慢してくれたらよかったのに・・。

ベッカムさんこまりますなぁ。・・。


<サッカーの面白いのがたくさんあります>
↑人気blogランキングへ飛びますです。
[PR]
by copa001 | 2005-10-24 16:53 | football of world