サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

カーブシュートを打つ!!!

ペナルティーエリア内やゴールの付近では相手がシュートを警戒し、なかなかシュートコースをあけてくれません。そういう時に有効なのがカーブシュートです。このカーブシュートはボールを浮かせて曲げるインフロントカーブのことではなく、低く速いボールで曲げるカーブで、ゴール側に巻くようなシュートです。
 蹴り方はインステップとインサイドの中間で、足の甲の内側の部分で蹴ります。このシュートを使うと相手のゴールポストしか見えない位置からでも、ボールが曲がるのできっちり枠内におさめることができます。またキーパーにとって死角からボールが飛んでくる場合が多いので取りにくいシュートでもあります。もし失敗して、カーブがあまりかからなくてもゴールポストに当たり、味方へのパスにすることもできます。このことからこのシュートを頭に置いてプレーすると、シュート可能な範囲が広がり、相手DFにとってはとても守りにくい選手になることができます。

point
・インステップとインサイドの中間のキック。
・ゴールポストが見えたら積極的にカーブシュートをねらう。
・味方がシュートを放った場合必ずゴール前につめておく。


上記の資料はサッカーステーションというサイトから引用させていただいています。
URL・・・サッカーステーション

<サッカー人気blogランキングへ飛びます!!>
↑ぜひみなさんワンクリックお願いいたします。
[PR]
by copa001 | 2005-11-07 11:35 | football テクニック