サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

レアル選手の宿泊費用、募金総額を上回る!(笑)

e0026272_1022636.jpg[ブダペスト 19日 ロイター] 入院中のサッカープレイヤー、フェレンツ・プスカシュ氏(レアルOB、元ハンガリー代表)の治療費用を集めるため、レアル・マドリードがブダペストで記念試合を行った。しかし、集まったお金よりもレアル選手達のホテル代の方が高くついてしまった。

このプスカシュ氏支援試合で集まった募金総額が2,250万フォリントだったのに対し、レアル選手の宿泊代、必要経費の総額は2,550万フォリントと募金を上回る結果となった。

一方、記念試合を主催したハンガリーのトリジャイアント社の広報担当者によると、レアルの招致料金は3億2千万フォリントとのこと。ハンガリーの通信社MTIが伝えたところによると、試合の売上は4億2,100万フォリントで、差引残高はタクシー料金、警備費用、その他必要経費の支払いに使われる。

試合結果はレアルが3-1でプスカシュ・オールスターズを破った。フェレンツ・プスカシュ氏(78歳)は現在アルツハイマーに似た病気で入院中。このため、プスカシュ氏の治療費を支援するために行われた試合だった。

プスカシュ氏は1952年、ハンガリー代表を率いてオリンピック「男子サッカー」で金メダルを獲得。またその翌年には、氏が主将を務める「マジック・マジャール」ハンガリー代表はウェンブリーでイングランド代表に6-3で勝利した。

プスカシュ氏(レアル)は1960年の欧州チャンピオンカップの決勝、レアル・マドリード対アイントラハト・フランクフルト戦で4得点をマーク、この記録は未だに破られていない。この試合は7-3でレアルが勝利した。


レ、レアルのすごさ、、。(笑)
最近プレーはあんまりぱっとしないレアルだけれども、
つかってる金は半端じゃないですね^^;

せっかくの記念試合も、あつまったお金が小さく見えて
しまいますよね(;一_一)

ちなみに100フォリント≒56円らしいので、
2250万フォリント≒1260万円
になりますね^^

あ、余談ですが^^

クリック協力よろしくお願いいたします。

[PR]
by copa001 | 2005-08-23 10:28 | football of world