サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

俊輔が移籍初ゴール!後半13分、ラフプレーに怒りの一撃

 【ダンファームリン(スコットランド)28日】スコットランド・プレミアリーグのセルティックMF中村俊輔(27)がダンファームリン戦(アウエー)に4試合連続で先発出場し、後半13分に移籍後初ゴール。4-4-2の左の攻撃的MFで初のフル出場を果たし、チームを4-0の大勝に導いた。9月7日の日本代表-ホンジュラス戦(宮城ス)ヘの招集を受ける俊輔は、29日に日本へ出発する。

 黄金の左足が振りぬかれた。後半13分に、歴史的な一撃が放たれた。MFズラウスキのグラウンダークロスに、全速力でゴール前に突進し伝家の宝刀を一閃すると、ボールはゴール右隅に突き刺さった。スコットランド・プレミアリーグでの日本人初ゴールだ。

 その瞬間、イーストエンドパークは総立ち。敵地ながら半分以上はセルティックサポーターが占拠、スタンドに日の丸が複数舞う中での快挙。ピッチを駆け抜けながら両拳を握りしめて喜びを表したヒーローは「点を取れたのはよかった。パスがよかったし、シュートの距離が短かったから決めるのは簡単だった」と笑顔で振り返った。

 コンフェデレーションズ杯で2試合連続マン・オブ・ザ・マッチを獲得した時の日本代表と同じ4-4-2システムの左の攻撃的MFに入った。主将MFレノン、トンプソンと2人の主力を出場停止で欠く中盤の新リーダー役として、積極的にゴールを目指した。

 怒りの一撃だった。後半5分、相手MFキャンベルに顔面をかきむしられるファウルを受けた。普段は飄々としている俊輔も珍しく感情を露にし、両軍一触即発の事態に。新参者を見舞った洗礼に、日本男児として黙っていられなかった。

 新たな挑戦も始める。移籍後最短の54分で退いた20日のレンジャーズ戦の後、ストラカン監督に呼ばれ「コミュニケーションが大事だったから」と交代理由の説明を受けた。「最悪。自分にがっかりした」と猛省した試合。退場者が出て1人少ない状況で0-2とされ、戦術変更時に言葉の問題にぶつかった。「英語も勉強しますよ」とイタリア時代に続いて語学習得を宣言。この国で生き抜く決意表明だった。

 さあ凱旋だ。新天地でのゴールという最高の土産を手に、帰国の途につく。早くも英国をフィーバーの渦に巻き込んだ黄金の左足。セルティックの緑から日本代表の青のジャージーに着替えて、サッカー母国を魅了したファンタジーを自身の母国・日本で演出する。


シュンスケ!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
やりましたぁ!!○=3*:'゜。.*:゜・'゜゜.☆ θ=\( ̄O ̄;)ノ ミラクルシュート!
いいっすねぇ^^

ってか、おいらは得点のシーンもモチロン嬉しかったんですが、
それよりも、ラフプレーに対してシュンスケがキレた場面!!
あれよかったっすねぇ^^

かっこよかったです^^
なかなか、日本人にはできないですよね^^

いやぁ、活躍してるシュンスケを見るのはいい気分です。
これからもがんばれぇ!!!!!!!!

最近blogに来てくださる方が減りまくっています・・・。
みなさん、ぜひクリックにご協力くださいませ・・。

[PR]
by copa001 | 2005-08-29 10:37 | football of world