サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

イングランドW杯前進も地元紙が大批判

W杯へ前進したイングランドが、厳しい批判にさらされた。3日のウェールズ戦は1-0と確実に勝ち点3を獲得。しかし、一夜明けた地元各紙は勝利を評価しながらも、W杯に向けての不安を書き立てた。「本番に向けて大丈夫か」「エリクソン監督よ、いいかげんにしてくれ」など過激な見出しが並び、タイムズ紙も「これでは強豪に勝つことは無理」と厳しかった。
 批判の中心は、エリクソン監督が初めて採用した3-6-1の新布陣。監督と選手たちは「うまく機能した」とアピールしたが、メディアは容赦ない。機能したのはウェールズという格下のチームだったからで、アルゼンチンのように攻撃力のある国相手では難しいという論調だった。ベッカム主将は「悪夢は消し去った」と、8月17日の親善試合でデンマークに1-4と惨敗したショックがないことを強調したが、本当に悪夢を消し去るには、国民が納得する試合で出場権を獲得するしかない。

おいら個人的にイングランド好きなんです!!
何かバッシング受けてますね^^;
いやぁ。。なんとなく複雑な気分・・・。。
ベッカムがボランチに入ったらしいですね。

新システムおいらは大賛成なんですけどね!
だって、ベッカムはボランチの方が向いてますから!
あの高制度のロングパスはボランチで最高に生きますしね!

さぁ、イングランド、厳しい状況ですがまあ
何とか大丈夫でしょう。笑

期待しています。

おいらのblogはかなりランクアップいたしました!
ほんとにみんなのおかげでございます!
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします!!!!!
↑どうぞランクご確認ください。

[PR]
by copa001 | 2005-09-06 00:01 | football of world