サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

前代未聞の再試合-W杯予選プレーオフで日本の審判がやってしまった・・。

2006年ワールドカップ・ドイツ大会出場を懸けたアジア地域のプレーオフ第1戦、ウズベキスタン対バーレーン戦は、あらためて再試合が行われることになった。FIFA(国際サッカー連盟)は、この試合で起こった誤審のため、ウズベキスタンの1-0の勝利という結果を取り消すことを決めた。

 ウズベキスタンの1点リードで迎えた前半39分、日本の吉田主審はウズベキスタンにPKを与え、これをジェパロフが決めたが、数人のウズベキスタンの選手がペナルティーエリア内に入っていた。主審はここでPKのやり直しを命じるべきだったが、ゴールを取り消し、バーレーンにFKを与えてしまった。

 ウズベキスタンはこの試合結果を不満とし、3-0での勝利を主張していたが、この訴えは却下された。再試合は10月8日にタシケントで行われ、その4日後に第2戦が行われる。プレーオフの勝者はCONCACAF(北中米連盟)地域の4位チームと対戦する。


やってしましました!!
日本の審判!!やっちゃいました。。。しかも、Jリーグとか
そういうレベルではなく、国際試合で。。。

誤審は仕方ないと思います。
それは人間のレベルではわからないとこって言うのもありますから。
でも、そうではなく、あからさまに判断を誤った、、というのが酷いんです。

でも、この試合で訴えたのは試合に勝ったウズベキスタンの方。
しかも1-0を3-0にしろ!!とか不服を申し立てた挙句、
FIFAからいいや、あの試合は取り消しだ!だって・・・。(笑)
どんな気分なんでしょ^^;

負けたバーレーンはバンバンザイですよね^^
まあ、どちらにしてもこれで国際的にも日本の審判の質が問
われることになりそうですね。


おいらのblogの質はどうですか??
↑クリックください!!m(__)m

[PR]
by copa001 | 2005-09-06 13:28 | football of world