サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

<   2005年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

セリエA・フィオレンティーナの日本代表MF中田英寿(28)のイングランドプレミアリーグ・ボルトンへの移籍が決定した。1年間の期限付き移籍で11日にも正式発表される。中田は昨年7月にフィオレンティーナと3年契約を結んだが、プランデッリ新監督とはパルマ時代の2シーズン前に起用法で対立しており、移籍を希望していた。フィオレンティーナは複数クラブと交渉した末にボルトンと合意した。

 中田は、10日午前にイタリアを出発してロンドン入り。事前に現地で交渉を進めていた代理人とボルトン関係者が最終交渉を行い、大筋で合意した。11日にもメディカルチェックを受け正式契約を交わす。

 関係者によると、今回の移籍は中田自身が強く求めたものだった。フィオレンティーナでの昨季は故障で満足なプレーができず、セリエA残留を争ったシーズン終盤は9試合連続で出場機会を与えられなかった。しかも今オフにはプランデッリ新監督が就任し、中田の獲得に尽力したルッケージGMは解任。同監督とはパルマ時代に衝突した経緯があるため、関係者に「昨季のような経験は絶対に繰り返したくない」と明かしていた。同クラブの日本遠征では先発を続けたものの、イタリア杯1回戦チスコ・ロディジャーニ戦(7日)では出場機会なし。06年W杯ドイツ大会に向けて出場機会を求め、以前から希望していたプレミアリーグへの移籍を決断した。

 ボルトンは昨季6位に入り、今季UEFA杯の出場権を獲得。コンフェデ杯で活躍したメキシコ代表FWボルヘッティら積極的な補強を進めており、中盤の万能選手の獲得を目指していた。中田はチャールトンなど複数クラブから獲得の打診を受けたが、条件提示の良かったボルトンを選んだ。

 ボルトンのアラーダイス監督は「私は中田を高く評価している。彼がチームに加われば大変素晴らしい」と歓迎した。今夏に日本ツアーを実施したボルトンは、中田の商業的な価値にも関心が高かったとみられる。

 ▽ボルトン・ワンダラーズ 1874年創立。過去にリーグ優勝はないが、23、26、29、58年にFA杯を制した古豪。最近で99年から3季を2部で過ごし、02年のプレミア復帰後も16、17位と低迷。04年に8位、そして昨季は6位に食い込んでUEFA杯出場権を獲得した。01年7月からFW西沢(C大阪)が半年間在籍も出場はカップ戦だけ。主力はナイジェリア代表MFオコチャ、セネガル代表FWディウフらがいる。本拠地はリーボック・スタジアムで収容人員は2万7879人。

 ≪フィオ、今野らリストアップ≫中田を放出したフィオレンティーナが、新たな日本人選手の獲得に動くことが明らかになった。関係者によると、既に日本遠征中に情報収集を行い、日本代表のMF今野泰幸(22)、MF石川直宏(24=いずれもFC東京)らをリストアップ。近く最終検討に入る。フィオレンティーナはセリエAに復帰した昨年からマーケティングに力を入れており、特に有力な市場として日本に注目。このオフに日本遠征を行ったのもその一環で、関係者によると「日本との関係を保つためには日本人選手が必要」と判断したという。今野は東アジア選手権の活躍で、評価が急上昇。石川も早くから注目されており、フィオレンティーナ側の条件が整い次第、本格的な交渉に乗り出す。


中田も応援しようクリック!!
blogランキングへ!!

[PR]
by copa001 | 2005-08-11 09:43 | football of world

起業準備。

おはよう。

サッカーの仕事を作りたいっていう思いは前述べたので、
今回からは進捗ってか、起業までの道筋をUPしていきたい
っておもってます。

みんなからのメッセージや、コメント、トラバ、いろいろまってます。

それと、自分のこんな案を仕事として使ってみて欲しいってのがあったら
どしどし私までメールくださいな^^
受付専用アドレスは
hiho-hiho@w4.dion.ne.jp
にします。よろしくおねがいします。
イタズラはだめですぞヽ(^。^)ノ

さて、起業準備といっても最初は長期にわたる業務スケジュールと、
サッカー業界へのコネクション作り、
スタッフの選定(最初はお金は払えないでしょうから、なるべく少数で)
それに伴ってかかるすべての予算の算定、
そして、事業から起こる損益分岐点の確定、
まあ、まだまだたくさんあるのですが、
一つ一つクリアしていかないといけません。

一ついい点として、現在私はすでに有限会社を所有しており、
(所有という言い方は適切ではないですね^^;経営です)
すぐに業務としてとりあえずは着手することができます。
まあ、現在会社は実質的に休止状態にあるために、
最初からの再準備は必要になりますが。。(笑)

まずは今日の夜に上記に記載したことを少しづつ
やろうかなと思っております。

いろんな方々、ぜひご意見ください^^


おーえんしてくださる方はここをクリック!
blogランキングへ!

[PR]
by copa001 | 2005-08-11 09:09 | football
3日にフランス代表への復帰を表明したMFジネディーヌ・ジダン(33)が、復帰を決断したのは「“神”のお告げで啓示を受けたからだ」と9日発売のサッカー専門紙フランス・フットボールで告白し、話題を呼んでいる。

 ジダンは「悪く解釈してほしくないが、わたしに起きたことはとても神秘的で、理性では分からないことだ」とし「ある日の午前3時に突然目が覚め、誰かと話をした。誰もその人を知らないし、わたしも自分に説明できない。しかしその人は存在するのだ」と“神”との出会いを語った。

 さらに「数時間、わたしはその人と2人だけでいた。そして啓示のようなものを受け、突然、サッカーのプロ選手になったころの原点に戻りたいと強く思った。抑えきれない力がわたしを支配した」と述べた。

 フランスは来年のW杯ドイツ大会の欧州予選で4試合を残して厳しい状況が続いている。

たっつん:ジダンってすげーなぁ。
      すごいというか、、、、、なんかコワイものをかんじるね^^;


フランスはジダンと共に・・応援クリックヨロシク!
blogランキングへGO!!

[PR]
by copa001 | 2005-08-10 11:12 | football of world
【選手】
GK12 土肥 洋一/FC東京
GK23 川口 能活/ジュビロ磐田
GK1 楢崎 正剛/名古屋グランパスエイト
DF2 田中 誠/ジュビロ磐田
DF3 茶野 隆行/ジュビロ磐田
DF5 宮本 恒靖/ガンバ大阪
DF14 三都主アレサンドロ/浦和レッズ
DF22 中澤 佑二/横浜F・マリノス
DF20 坪井 慶介/浦和レッズ
DF21 加地 亮/FC東京
DF17 駒野 友一/サンフレッチェ広島
DF29 茂庭 照幸/FC東京
MF15 福西 崇史/ジュビロ磐田
MF8 小笠原 満男/鹿島アントラーズ
MF19 本山 雅志/鹿島アントラーズ
MF25 村井 慎二/ジュビロ磐田
MF4 遠藤 保仁/ガンバ大阪
MF30 阿部 勇樹/ジェフユナイテッド千葉
MF26 今野 泰幸/FC東京
FW28 玉田 圭司/柏レイソル
FW16 大黒 将志/ガンバ大阪
FW27 田中 達也/浦和レッズ
FW9 巻 誠一郎/ジェフユナイテッド千葉

【スタッフ】
監督:ジーコ【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
テクニカルアドバイザー:エドゥー【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
フィジカルコーチ:里内 猛【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ:カンタレリ【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
テクニカルスタッフ:和田 一郎【(財)日本サッカー協会】
ドクター:森川 嗣夫【(財)日本サッカー協会スポーツ医学委員/川崎製鉄千葉病院】
フィジオセラピスト:アントニオ・リカルド【(株)鹿島アントラーズ・エフ・シー】
アスレティックトレーナー:早川 直樹【(財)日本サッカー協会】
アスレティックトレーナー:並木 磨去光【(財)日本サッカー協会/スポーツマッサージ・ナズー】
アスレティックトレーナー:三木 裕昭【(財)日本サッカー協会/トライデントスポーツ健康科学専門学校】
通訳:鈴木 國弘【(財)日本サッカー協会】
総務:湯川 和之【(財)日本サッカー協会 代表チーム部】
主務:松本 健一郎【西鉄旅行(株)】
プレスオフィサー:福士 一郎太【(財)日本サッカー協会 広報部】
エクイップメントマネージャー:麻生 英雄【アディダスジャパン(株)】
エクイップメントマネージャー:服部 智博【アディダスジャパン(株)】

【スケジュール】
8月17日(水)19:30 2006FIFAワールドカップドイツ大会アジア地区最終予選 日本代表vsイラン代表@横浜国際総合競技場

以上

日本代表応援もクリック!!
blogランキングへ!

[PR]
by copa001 | 2005-08-10 11:08 | football of world
e0026272_113394.jpg鹿島の日本代表MF小笠原満男(26)が9日、今季中のセリエAレッチェへの移籍をあらためて熱望した。この日、鹿島の牛島洋社長、鈴木満取締役強化部長と会談。移籍への熱意を訴えたが今夏の移籍は認められず、話し合いは平行線に終わった。小笠原はレッチェへの移籍の意志を初めて公言。さらに、1度は容認の姿勢を見せながら現時点での移籍を認めないクラブ側に、大きな失望感と不満をあらわにした。
 小笠原の唇は、静かに震えていた。すべてをかけたクラブ側との会談から50分。「(レッチェに)行きたい。いろいろなことを判断し、今行くのが自分にとって1番いい。でも、急に出せないって言われ、納得できない」。代表に招集されることでなかなか時間が取れないため自ら提案。東アジア選手権から帰国した翌日にもかかわらず午前10時半からスーツを着て、フロントと腹を割って話し合う時間を設けた。
 あらためて今夏中の移籍を熱望した。だが、リーグ戦で首位を走る今、フロントは今季終了後の移籍しか認めないと伝えた。小笠原にとって最悪の結果。さらに「わがままだと言われたし、残りのシーズンだけやって、出てってくれと言われた」と思わぬ返答に肩を落とした。視線は泳ぎ、激しいショックを受けたことは明らかだった。
 8年間、鹿島で頑張ってきた自負がある。契約の際にも金銭面や契約年数などについて要求したことはない。その代わり「海外からオファーが来たら行かせてくれと話し『分かった』と言ってもらっていた」と夢はかなうと信じていた。クラブ側も小笠原の貢献を認め、ペトリッカ代理人を紹介し、同代理人に移籍先を探すよう依頼した。
 だが、この日の反応は違った。自ら1番大事と語る家族も賛成し、ともにイタリアに行くことを決意してくれた。それだけに衝撃は大きかった。両者のズレは時期、その1点だが、レッチェは今夏の獲得以外は考えないとしており、それが溝を深くする。クラブとの関係を大切にしたいと願いながら不信感が芽生えた。
 来年にW杯を控え、代表では定位置を争う大事な時期でもある。それでも「W杯がすべてではない。もちろん、出て頑張りたい気持ちはあるけれど。(移籍が)リスクだとも思っていない」と言い切った。悲しみすら目に漂わせ、小笠原は今週中に決着をつけると明言。激しい失望の中、移籍への思いは高まるばかりだ。

小笠原かわいそう・・・と思った方はここをクリック!
blogランキングへGO!

[PR]
by copa001 | 2005-08-10 11:05 | football of world
ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。

日曜日にサッカーをいたしました。
それはそれはクソ暑い中でやりましたもんですから、
ヤバイくらい汗がふきででまいりました。
、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`

まあ、それはよかったんデス。
そこまでは全くOKなんです。

しかーし!!!!(゛ `-´)/

サッカーが終わって何気に歩いていると、
なんか足が痛いじゃないですか・・。
なんかちくちくというか、ひりひりというかするんです。
見てみたら、ナ、ナント、、、、右足の親指の外側と、
小指の外側にマメが・・・・・・・・・。。゜゜(´□`。)°゜

たしかに、今日は暑かったのでスパイクを少し緩めて
サッカーしちゃったんです。。
それがどうやら裏目に出てしまいました。。
スパイクは絶対にしっかりと締めることに決めました!
(まあ、当たり前なんですが・・・笑)

ちなみに、会社に行きましたら、先輩もどうやらマメができたらしく・・。
ブログにアップされてました。
先輩は花火を見に行って、できたマメでしたけど。
トホホ。。。。。。。。


すっごくかわいそうに思った人はココをクリック。
blogランキングです^^

[PR]
by copa001 | 2005-08-09 11:48 | football
日本代表MF中田英寿(28=フィオレンティーナ)の英プレミアリーグ、ボルトンへの移籍が濃厚になった。既に水面下で交渉は進展しており、ボルトン側は13日の今季プレミアリーグ開幕までの獲得を目指している。かねてプレミア移籍を希望していた中田も、フィオレンティーナでは出番がなく、W杯イヤーの今季は出場機会を求め移籍の可能性を探っている状況。交渉がまとまれば、今週中にも「ボルトン中田」が誕生する。
 新天地への挑戦は、実現へ最終段階に入っている。98年にセリエAペルージャに移籍してから8季目の今年。レンタル移籍のボローニャを含め中田にとって6チーム目となる移籍交渉の相手は、英プレミアリーグのボルトンだった。
 7月末に日本ツアーを行ったボルトンの関係者は、同時期にフィオレンティーナの日本遠征参加のため帰国していた中田サイドと日本で接触。その後も交渉を進め、13日に迫ったプレミアリーグ開幕前の交渉成立を目指している。昨季は6位でUEFA杯出場権を獲得。今オフもFWにメキシコ代表ボルゲッティ、右ウイングにセネガル代表ディウフを完全移籍で獲得するなど補強を進めている。中盤の中央の元スペイン代表MFカンポは31歳ということもあり、中田を獲得すればこの位置での起用が濃厚。就任7年目のサム・アラーダイス監督(50)も実力を高く評価しており、積極的に交渉を進めている。
 移籍を後押しする条件も整っている。2季目を迎えるフィオレンティーナでは今季、パルマ時代に確執を残したプランデッリ監督が就任。7日のイタリア杯、ロディジャーニ(セリエC2)戦で出場機会はなく、中田も試合中にアップをすることさえなかった。現状では構想外なのは確実で、デッラバッレ会長も「あと2週間で今季の補強を終了する予定だ。獲得を目指しているのは中盤をあと2人」と放出の可能性に言及している。移籍金220万ユーロ(約2億9700万円)、年俸180万ユーロ(約2億4300万円=いずれも推定)の選手をベンチ要員で抱えている余裕はなく、関係者も「クラブ側は中田を放出したがっている」と話している。
 また中田は昨季もチェルシーなどロンドンに本拠を置く複数のクラブと接触するなど、プレミア移籍を希望。今オフはフェネルバチェ、パナシナイコスなど4クラブからの獲得オファーもすべて断っており、ボルトン移籍が最有力であることは間違いない。W杯イヤーを迎え、日本代表として活躍する上でも出番のないフィオレンティーナ残留より、新天地を選ぶことのメリットは大。フィオレンティーナは8、9日とオフで、中田の所属事務所関係者が今日9日にも渡英する、との情報もある。
 あとは、最終段階を迎えた交渉の進展次第。サインまでこぎつければ、開幕直前の滑り込みで「開拓者中田」が、今度は「ワンダラーズ」の一員としてファンを驚かせることになる。
[PR]
by copa001 | 2005-08-09 11:20 | football of world

会社設立?!

現在、サッカーにかかわる仕事をしたくて、
どうにか仕事を立ち上げようともくろんでいる、
たっつん、22歳。

毎日かんがえてますよ^^
一体どういうニーズがあるんだろうって。

ニーズってのは結構発見するのが難しくて、
ふとしたときに、「あれ、これはいけんじゃないか??」
みたいな感じでふってくるときもあるじゃないですか^^
だからいつも目を凝らしてます。

まあ、それはさておき。。
自分は今年の末に起業することを目標にしてます。
現在勤務している会社と両立できるか心配ですが・・・。(笑)

といっても、すでに有限会社を一つ所有しているのです。
一応代表取締役です。
ただ、田舎のパソコン屋さんでしたから、売上げ管理もがさつでしたし、
ほとんど税理士任せでしたね^^;
現会社に勤務し始めて、いろんなことを勉強できています。

今は再起動させるためのマーケティング期間・・・
とでも言っておきましょうか( ρ 、<)

これからいろんな人の力を借りたり、
いろんな人の知恵を借りたり、
いろんな人の助言を受けたり、
いろんな人と共に成功を喜んだり・・・

まあ、たくさんの山や谷はあるとは思いますが、
がんばって行きたいと思っております。
おーえんよろしく^^

オーエンしてくださる方はここをクリック!!
blogランキングへ

[PR]
by copa001 | 2005-08-09 11:02 | myteam

ウイイレ9

こないだ、、っていっても、チョー前の出来事。
私は新作のウイイレ9の情報をアマゾンで見たわけですよ!
ワールドサッカーウイニングイレブン9
/ コナミ
スコア選択: ★★★★★

ほんっとに期待している作品!!

すっごく前のバージョンからはまっているために、この作品に入れ込む思いは強い。ただ、1年周期で新たな作品になるため、新操作を覚えるのが・・・・。(笑)


んで、その場で即予約しちゃいましたのです。。

しかし!!!

8日現在・・・・・。
まだ到着の気配なし・・・。

4日に発売なのに。。。。

と思ったら、アマゾンからメールが来てるではありませんか!
何事かと思ったら、

「本日発送いたしました・・・」

ハァ?!(・Д・) (・д・)

なにを申されておられるのですか??
発売日は4日ですよ?!

ムカムカきたので文句の電話をしてやろうとおもったら・・・・、
アマゾンのHPに

「発送は発売日から10前後かかることがございます」

って書いてあった。。
最初に気がつけばかわなかったのにぃ!!!
[PR]
by copa001 | 2005-08-08 17:49 | football

ソシオの熱狂ぶり^^

一度、友達がバルサVSレアルをスペインで見に行ったらしい。
やばいくらいの歓声、奇声、爆音、、。

カンプノウは、クラシコともなれば異様な空気を発しているらしい。

さて、話は変わるが先日バルサが日本にやってきたとき、レッズ戦を見に行った。
レッズは日本でも随一の攻撃的チーム。
見る人を魅了するファンタジックなチームだ。
個人的にもレッズは大好きである。

しかし、バルサはあっさりとそれを上回っていた。
無駄が無く、すべてが流れている中でつながっていくパス。
レッズがまるで子供たちのように遊ばれているようだった。
しかも、バルサの、、、いやサッカー界の最高のクラッキ「ロナウジーニョ」抜き
での試合だった。

何もなすすべも無く3-0でレッズは敗戦。
しかし、マリノスには3-3、その後再来日した際の再戦も1-1のドロー。

攻撃的なレッズ、片や守備的なマリノス。

今後のJAPANチームの歩むべきチーム作りが見えたような、
バルサの来日ツアーだった。
[PR]
by copa001 | 2005-08-08 14:03 | football