サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

<   2005年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

★ブラジル、攻撃陣が大爆発!アドリアーノのハットトリックを含む5得点でW杯出場決定!
ブラジル 5-0 チリ
【ブ】ジュアン(前13)、ロビーニョ(前22)、アドリアーノ(前27、前29、後48)

サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会出場権を懸けた各大陸予選は4日、各地で行われ、前回日韓大会王者で史上最多5度のW杯優勝を誇る南米のブラジルが第1回から18大会連続で出場を決めた。予選免除の開催国ドイツを除き、8カ国目の出場決定。
 ドイツ大会から前回優勝国の予選免除が廃止され、予選から出場したブラジルはチリに5-0で快勝し、勝ち点を30に伸ばし、2試合を残して南米予選4位以内を確定した。南米からはアルゼンチンに続く予選突破。

ブラジルやりましたね!
最初のうちはなんかどうもしっくりこないような感じで
勝てないときもありましたが、さすが王者の貫禄ですね。

おいら的にブラジルの最強3TOPがみたいですね。
ロナウド、ロビーニョ、アドリアーノ!!
そんでもって、カカ、ロナウジーニョ!!
あぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノ
いい選手が多すぎて全部みたぃぃ!!!

たのしみですね!
W杯でも活躍して欲しいです。

ちなみに、「ドイツ大会から前回優勝国の予選免除が廃止され、・・」って
皆さん知ってました??おいらさっき知りました。。
おはずかしぃ・・・・・(ノ>。☆)ノ

おいらのblogランキングにご協力くださいませ!!
よろしくお願いいたします。
↑まずはランキングを確認してくだされ^^

[PR]
by copa001 | 2005-09-05 10:57 | football of world
さて、毎回やってます起業報告!
今回はついに!ついに会社名を発表したいと思います。

社名:有限会社ネットウォーク

コーポレートカラーはオレンジです。
サッカーのすべての情報発信基地として活動していきたいと思っています。
今考えているプランはたくさんあるのですが、すぐには実行できない
ことが多いです。ですので、今しっかり準備をしています。

まあ、ほんとこれからどうなっていくのかわかりませんが、
目指すは「千葉で働く社長のblog」といったとこでしょうか。(笑)

この会社は、独創的なスタンスで業界を驚かしていけたら
と思っています。なかなか最初は難しいかもしれませんが、
大きいことほどやりがいがある・・というものです!!

皆さん!!ぜひ多岐に渡りましてご協力をよろしくお願いいたします。

有限会社ネットウォーク
代表取締役社長
たっつん

さて、blogランキングのほうでございます。
いいかんじです!!
皆様に心より感謝いたします。
↑現在の順位をご確認くださいませ!^^

[PR]
by copa001 | 2005-09-05 10:37 | netwalk
06年ドイツW杯予選(3日、グルジア・トリビシほか)。欧州、南米、北中米カリブ海、アフリカ、アジア、オセアニアの6大陸で計35試合が行われ、2国が来年のドイツW杯出場権を獲得した。欧州予選2組でFWアンドリー・シェフチェンコ(28)=ACミラン=擁するウクライナが悲願の初出場を決めた。

 世界最高の呼び声高いストライカーが、ついにW杯舞台に立つ。シェフチェンコだ。ウクライナが、悲願の本大会出場を決めた。

 「ぼくにとってW杯は未知の世界」と夢見た場所への出場決定の瞬間は、98年フランス大会、02年日韓大会と連続してプレーオフでキップを逃してきた国らしく、苦闘の末に意外な形で訪れた。勝てば無条件で出場を決められたグルジアとの一戦。アウエー戦ながら観客の不祥事に対する国際サッカー連盟(FIFA)の処置で無観客となった試合で、前半44分にMFロタン(Dキエフ)のゴールで先制。そのまま時計は後半43分を過ぎた。いよいよカウントダウン…。しかし同44分、グルジアに同点弾を決められてドロー。フル出場したシェフチェンコも、うなだれてピッチを引き揚げた。

 しかしその試合後だ。イスタンブールで開催の試合で、2位トルコが2-2でデンマークに引き分け。2試合を残すトルコとの勝ち点差は7。3試合を残すギリシャとは勝ち点9差で最終的に並ばれる可能性はあるが、直接対決で1勝1分けと勝ち越しているウクライナの1位が確定。4836万国民と選手は、ややこしい計算に戸惑いつつも、確かにつかんだキップに喜びを爆発させた。

 91年に独立後も低迷の続いたウクライナだが、03年に元旧ソ連代表FWブロヒン氏が監督に就任し強化。ポーランドとの共催で12年欧州選手権の招致を目指すなど、サッカー人気は上昇している。そんな環境の中で、昨年の欧州最優秀選手に輝いたシェフチェンコが、チームを牽引してW杯へ。母国の夢を背負ったスーパースターが、世界を席巻する時がきた。

ついにやったぜ!シェフチェンコ!!
ホントに嬉しいです。
シェフチェンコがチームを引っ張り、ウクライナをW杯に導きました。

あ、といっても、ウクライナの選手ってシェフチェンコだけ
ではなくみんなプレーがうまいんですけどね。。(笑)
シェフチェンコがあまりに目立ちすぎて、他のプレーヤーが
目立たなくなっているだけです。ハイ・・。

でも、ほんとによかった。
前回、マンUのギグス率いるウェールズもかなり応援してたんです。
個人的に。。。
でもおしくも涙を呑みましたからね・・・。

こういうスターが一人だけしかいないチームって、
ホント心から応援したくなりますね。。

おいらのblog!皆様の愛ある
クリックのおかげで
いい位置まで上昇いたしました。
もう一個!!もう一個上に皆さん押し上げてくだされ。。。。
↑現在の順位を見てみてください。

[PR]
by copa001 | 2005-09-05 09:44 | football of world
決意の帰国。サッカー日本代表MF中田英寿(28)=ボルトン=が3日、キリンチャレンジ杯・ホンジュラス戦(7日、宮城ス)のため、欧州組の最後6人目として帰国した。成田空港では無言だったが、関係者によると「ゴールにこだわりたい」と代表2年ぶりの得点に強い意欲を示しているという。イングランドプレミアリーグ移籍後初の公式戦。攻めて攻めてジーコ・ジャパンの主役の座を奪回する。代表合宿は5日、宮城県内でスタートする。
〔写真:今回はスタンダードな服装で帰国したMF中田英。遠ざかっている代表ゴールがホンジュラス戦で炸裂する!〕

 王様は王様らしく。欧州組の大トリで帰国した中田英は、白シャツにベスト、ジーンズのブリティッシュ・スタイルで登場。上機嫌の笑みと軽快な足取りで車に乗り込み、さっそうと成田空港を去っていった。

 「ゴールにこだわりたい」-。今回も空港では無言だったが、所属事務所関係者に帰国前、こうもらしていたことが明らかになった。ゴール、それはサッカーで最も華のある瞬間。“黒子に甘んじた2年間”から脱することを明確に示した言葉だ。

 中田英のゴール。代表では03年6月18日のコンフェデ杯・ニュージーランド戦から2年2カ月以上もない。所属クラブでは04年4月10日のアンコナ戦から皆無。右足付け根痛での長期離脱があったにせよ、存在感とは裏腹、数字的には意外なほど目立っていない。

 今夏のコンフェデ杯では、自由に攻撃的にプレーしたメキシコ戦で1-2敗戦。その後、MF中村俊輔(現セルティック)とのバランス重視に切り替え、“黒子”としてギリシャ戦の勝利、そしてブラジル戦ドローを導いた。

 ブラジル戦でゴールも決めた俊輔は連日、ドイツ紙に名前が踊るなど世界的な地位が向上。セルティック移籍時も大きな話題として英紙をにぎわした。一方、中田英はボルトンに移籍しても、英紙、伊紙の話題にほとんどならず、主役交代ともいえた。

 そんな中でも、変わらぬ信頼を寄せるのがジーコ監督だ。2日の代表発表で「彼は固定したくない」と“中田シフト”を表明した。中田英を俊輔の良さを引き出す“黒子”に固定すれば一定の結果が出ることは証明された。しかし、両雄が持ち味とする攻撃性を同時に出してこそ、ドイツW杯での躍進がある。

 移籍の狙いのひとつもここ。相手の長所を消すのが昨季までプレーしたセリエAの特色なら、個人個人の長所を生かすのが新天地プレミアだ。入団会見では「ENJOY(楽しむ)」を連発した。攻めて攻めて-。攻撃力開放への準備は整った。クラブ側の意に反して帰国したうえ、ジーコ監督がW杯モード突入を宣言した初戦で“ゴール宣言”まで繰り出す男は、ドイツへの新たな一歩へ強い意気込みにあふれている。

 主役奪回へ、1点集中の決意の帰国。代表812日、公式戦515日ぶりのゴールが宮城の夜を彩ったとき、ジーコ・ジャパンの進化は加速度を増す。

ヒデがついに帰国いたしました。
やっと日本の中心が帰ってきました。
ボルトンのレギュラー争いも激化している中で、
ヒデが日本に帰ってきたということは、もうW杯にむけて、本気
モードに突入しているといったところでしょうか。

海外の有名クラブでプレーするのも目標のひとつではありますが、
サッカー選手にとって母国の名誉をかけてサッカーをする
というのは最高の栄誉ですからね。
それを目指してサッカーやってるっていっても過言ではないかも・・・。

はあ、おいらもサッカー選手めざそっかな・・笑

さて、ランキングもかなり上昇いたしました。
皆様のおかげです。
でもまだまだ上にいきたいと思っています。狙います!!
ぜひご協力を・・・・・・・。↑どうぞご確認ください。

[PR]
by copa001 | 2005-09-04 13:10 | football of world

ネットサッカー??(笑)

さっき面白いもん見つけました。(笑)

その名もネットサッカー!
ネットサッカーはこちら。

このサイト自体は有名だと思います。
日本代表を応援するページで、結構盛んにみんな集っています。
その中にあるのがこのネットサッカーというもの。

簡単に言うならば、自分で100ある数値をうまく5分野に振り分けて、
それで対戦するというもの。。
最初はほんと、「なんだ、こんなの・・」って感じだったんですが、

それが違うんです!!

やったら止まんなくなってしまいました。(笑)
なんていうか、なかなか連勝できないんです。
それが悔しくて続けてしまうんですねー・・(@_@;)

皆さんもぜひやってみてください。
あ、一つ言っておきますが、感じ方は人それぞれなので

おもしろくねーよ!!

と思ってもおいらには怒んないでくださいね。。

皆様のおかげで、なんかかなり上昇いたしました。
でもまだまだ上を狙います!!
ぜひご協力ご支援をあなたのクリックで!!(笑)
↑どうぞご確認ください。

[PR]
by copa001 | 2005-09-03 16:53 | football
FIFA8月ランキング

ランク  前回  チーム

1     1    ブラジル
2     2    アルゼンチン
3     3    オランダ
4     4    チェコ
5     5    メキシコ
6     6    米国
7     8    イングランド
8     8    スペイン
9     7    フランス
9     10   ポルトガル
11    11    ドイツ
12    12    トルコ
13    14    イタリア
14    15    アイルランド共和国
15    15    イラン
15    17    スウェーデン
17    13    日本
18    19    ギリシャ
18    19    デンマーク
20    22    クロアチア
21    23    コスタリカ
22    24    ポーランド
23    21    韓国
24    25    コロンビア
25    18    ウルグアイ
26    26    エジプト
27    28    サウジアラビア
28    27    カメルーン
29    30    ロシア
30    29    ナイジェリア

日本は13位だった前回から大幅に順位が
落ちてしまいましたが、これは東アジア選手権の試合等の結果を
受けてのことだと思われます。

それにまして、欧州、南米ではW杯予選が佳境を迎えていますので、
強豪国は勝てば必然的にランクは上がるわけです。
まあ、日本は予選終了しちゃいましたしね・・。(笑)

次回の発表では少しでもランクが上がっていることを願っています。
しかし、イランが上にきてるのはなんとなく許せんなぁ・・・(`□´)

おいらのblog現在上昇中でございます!!
皆さんの寛大なクリックに感謝いたします。
これからもどーぞよろしくお願いいたします!!
↑何位か確認してみてください。

[PR]
by copa001 | 2005-09-03 10:27 | football of world
ホンジュラス戦の予想スタメンが、日刊スポーツに
掲載されていました。

3-5-2だった場合の予想スタメン
-------------------------------------------
         ・      ・
        高原    ヤナギ
             ・
          シュンスケ
   ・                  ・
 中田(浩)              加地
          ・     ・
         中田   稲本

     ・        ・       ・
    中澤     宮本     田中(誠)
 
              ・
            楢崎    (は海外組)
--------------------------------------------

4-4-2だった場合の予想スタメン
--------------------------------------------
         ・      ・
        高原    ヤナギ
   ・                  ・
 シュンスケ             中田
         ・      ・
        中田(浩) 稲本

   ・      ・      ・      ・
 サントス  中澤    宮本    加地

              ・
            楢崎   (は海外組)

--------------------------------------------

今回は海外組のテスト的な意味合いを持って6人出てますね。
もしここでヘタなプレーでもしようもんなら海外組とはいえども
ポジションは保証されない・・・といったとこでしょうか・・。

確かにイナは今ポジション追いやられてますし、
きっとシンジもかえって来るでしょうからね。ボランチに。
福西はあのフィジカルと代表経験で不動のものにしましたし。。
ヒデにいたってはドコでもそつなくこなせて、ジーコから
絶大なる信頼を得てますからね。

今回のテスト。。下記のような感じでしょうか??

-----------------------------------------------
  高原      |  ○  |  順当
-----------------------------------------------
  ヤナギ     |  △  | 結果が欲しい
-----------------------------------------------
  シュンスケ   |  ◎  |  当確
-----------------------------------------------
  ヒデ       |  ◎  |  当確
-----------------------------------------------
  中田(浩)   |  ▲  | 非常に微妙
-----------------------------------------------
  稲本      |  ▲  |ブランク大きい
-----------------------------------------------

馬表みたいになってしまいましたが・・・。(笑)
ホンジュラス戦が代表にとっていろんな意味の転機かもしれません。

さて、おいらのblogも転機を迎えております。
10位が目前なのですが、そこを越えられれば
おいらのblogも有名blogの仲間入り・・・・でしょうか?(笑)
みなさん、何卒ご協力を。。。。。
↑現在のランキングをご覧ください。

[PR]
by copa001 | 2005-09-03 09:54 | football of world
9月1日付けのSportske Novosti紙にジェフユナイテッド市原・千葉のイヴィツァ・オシム監督のインタビューがありました。その一文より。

-日本のサッカーは?
「日本はクロアチア、スロベニア、オーストリアより上のランクに位置している。サッカーを知っていると思っている人達には非常に不愉快だろうがね。全てのベースに走力があり、走力がなければ何もないと同じだ。君達に例えれば、ジャーナリストになりたいとしても書くことを学んでなかったようなもの。非常によく走る。規律については話す必要がないだろう。」

日本が高く評価されています。
日本人の堅実さ、よく走ること、練習に励むこと、
褒められていました。

上記の記事以外にも色々掲載されていましたが、
例えば、日本の選手たちは練習で試合ではレッドカードが
出そうなタックルをすることがありますが、その後は何も無かったか
のように選手同士仲良くプレーしていることがオシムの祖国では
考えられないようなことらしいです。

W杯でもぜひ日本らしさを出して欲しいですね^^

皆様のおかげで徐々に上がってまいりました。
これからもクリックをよろしくお願いいたします!!
↑何位かご確認ください。(^◇^)

[PR]
by copa001 | 2005-09-03 09:24 | football of world
GK:
楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)、曽ヶ端準(鹿島)

DF:
田中誠(磐田)、宮本恒靖(G大阪)、坪井慶介、三都主アレサンドロ(以上、浦和)、駒野友一(広島)、中澤佑二(横浜FM)、加地亮、茂庭照幸(以上、FC東京)、三浦淳宏(神戸)

MF:
遠藤保仁(G大阪)、小笠原満男(鹿島)、福西崇史(磐田)、中田英寿(ボルトン)、中村俊輔(セルティック)、稲本潤一(WBA)、中田浩二(マルセイユ)

FW:
大黒将志(G大阪)、玉田圭司(柏)、高原直泰(ハンブルガーSV)、柳沢敦(メッシーナ)

発表されました!!

やはり、海外組が呼ばれるとなんか雰囲気違いますね^^
それにしても、なんとなくMF少なくないですか?
あ、登録がDFになってるMFがいるからか?
これだったら、サイド攻撃はあんまり考えてないんでしょうか??

やっぱり、3ボランチだったりして。(笑)
まあ可能性としては、3-5-2でしょうね。

         ・      ・
       玉田     高原
            ・
          シュンスケ
   ・                 ・
 サントス             カジクン
         ・      ・
        福西    ヒデ
     ・       ・      ・
    田中     宮本    中沢
             ・
           ナラサキ

これが妥当なラインでしょう。

まあ楽しみですね^^

さて、おいらのblogランキングが上がりません!!
クリックにご協力ください。←ってか見てみてください!

[PR]
by copa001 | 2005-09-02 14:49 | football of world
昨季閉幕の5月にスタートした欧州リーグの移籍市場が、欧州中部夏時間の8月31日深夜(日本時間1日午前)に締め切られた。MF中田英寿(28)と中村俊輔(27)がともに英国に新天地を求めた移籍市場の閉鎖直前に、各国で駆け込み登録が相次いだ。レアル・マドリードは31日に同じスペインリーグのセビリアから同国代表のDFセルヒオ・ラモス(19)を2700万ユーロ(約37億2600万円)で獲得。〆て100億円超の補強を終了した。

 8年間の長期契約とはいえ弱冠19歳の少年に37億円。イングランドプレミアリーグのニューカッスルにオーウェンを約34億円で売却したレアルが、締め切り10分前にスペイン・プロリーグ協会に預金手続きをとり、今年の補強を終えた。

 レアルは「世界最高級の選手を毎年獲得する」との方針に従い、7月末にブラジル代表FWのバプティスタとロビーニョを、同リーグ・セビリアとブラジルリーグ・サントスから獲得。特にロビーニョは条件面でサントスと対立し、一時はブラジル協会が移籍を差し止めた騒動が決着した。

 大盤振る舞いのレアルと対照的なのはスペインリーグの昨季覇者、バルセロナだ。昨季前は80億円以上を移籍市場に投入したが、その戦力でリーグ優勝を果たすと、今年はオランダリーグ・PSVのMFファンボメルら2人を無償獲得するにとどまり、支出はゼロ。2季連続の無冠にあえぐレアルに、無言の圧力が加わってきた。

対照的なレアルとバルサ。。
今期のバルサは補強はほとんどしていません。
もともと一昨年の若返りであと数年は安泰なのかもしれません。

一方、現在必死になって若返りを進めているレアル。
確かに、ジダンはベテランへ、ベッカム・ラウルも成熟へ・・
ときていますから、急ピッチな若返りを行わないと後継者が
育っていかないですよね・・。

今期どうなっていくのか、非常に楽しみです。

最近の私のblogランキング見てみてください激下降中!!←クリック

[PR]
by copa001 | 2005-09-02 10:03 | football of world