サッカーをコヨナクアイスル凡人のページ。


by copa001

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 【グラスゴー(英国)26日=豊福普】俊輔が本拠地初ゴールを得意のFKで決めた。サッカー日本代表MF中村俊輔(27)の所属するセルティックは、ホームでマザーウェルに5―0で大勝。俊輔は2点目の起点となり、3―0で迎えた後半22分には、ゴール斜め右約25メートルの直接FKをゴール右隅に決め、同34分には5点目をアシストした。得点は8月28日のダムファームリン戦(アウエー)以来、リーグ戦では7試合ぶりで、FKでは初のゴールとなった。

 セルティック  5 - 0  マザーウェル
勝ち点 29       勝ち点 14
▽得点者[セ]ペトロフ、マロニー、ペトロフ、中村、ペトロフ

 待ちに待った俊輔のFKがようやく決まった。3―0。後半22分。壁は6枚。左足で右回転のかかったボールを蹴った。壁の左から2人目と3人目の上。跳んだ2人の頭上約2メートルの高さをボールは越え、右にカーブしながら、ゴールの右隅に吸い込まれていった。飛び付くGKの手が全く届かなかった。実況アナウンサーは「ワンダフルゴール。フロム ナカムラ」と叫んだ。

◆地元紙激賞「9点」

 27日付の地元紙「スコティッシュ・サン」はこの日の中村に1シーズンに1回あるかないかの9点をつけ、マン・オブ・ザ・マッチに選んだ。見出しは「SHUNNYSIDEUP(シュニーサイドアップ)」と付けられた。「sunnysideup(サニーサイドアップ)」のダジャレで、俊輔のおかげでチームの調子が上がってきたことを表現し「中村の動きを見ることは喜び」と最高級の賛辞を贈った。

シュンスケのFKすばらしいですね^^
ってか、ヒデが決めた週にシュンスケもFKでっていうのは
なんとなく面白いですね^^

いやぁ、ビューティフルゴールでした。

イナも一点決めたらしいですね^^
日本人の活躍はかなり刺激になります!!

<あーこのblogなんかよりおもろいのがいっぱい・・・>
↑人気blogランキング(サッカー)へ飛びます。
[PR]
by copa001 | 2005-10-28 09:18 | football of world
ふと考えました。

サッカー選手って思いっきりボールを蹴ったら

どこまで届くんでしょう。

みてみたくないですか?

んで、ランキングを付けていく。


皆さんのこういった面白いアイディアを募集しています。
[PR]
by copa001 | 2005-10-26 17:33 | football of world
リーガ第8節、ホームのサンティアゴ・ベルナベウにバレンシアを迎えたレアル・マドリーは、良いところなく1-2で敗れ去った。ロナウド、バチスタの主力2人をケガで欠くこの日のレアル・マドリーは、頼みのジダンが前半8分の先制のチャンスでPKを外すなど大ブレーキ。また、後半途中に投入されたグラベセンが、登場から7分後に1発レッドで退場、さらにその直後にはベッカムも退場処分となって最後は9人での戦いを強いられた。

 ベッカムの退場シーンは後半42分だった。まずは味方選手が犯したファールの判定に怒って主審に暴言、これで1枚目のイエローカードを提示されると、今度はその判定に対して“嫌みの拍手”。このジェスチャーに主審が2枚目のイエローカードを示し、たった5秒間での退場劇となった。

 頼みのジダンは不調から立ち直れず、期待のグティも見せ場なし。さらには、レアルに加入してから最高のシーズンといわれ、現在リーガのアシスト王のベッカムまで退場とあってはルシェンブルゴ監督もお手上げだ。

「パブロ・ガルシアの2枚目のイエローカードを恐れて投入したグラベセンは、いきなり退場だし、ベッカムも審判に何を言ったか知らないが、あんなことになるし……」と指揮官は呆れ顔。

 次節の26日、レアル・マドリーはここ5シーズン勝利のない苦手のスタジアム、リアソールでデポルティーボ・ラ・コルーニャと対戦する。ロナウド、バチスタ、ベッカム不在でどう乗り切るか? 3年ぶりのタイトル奪取を義務付けられたルシェンブルゴ監督の悩みは尽きない。

ベッカム・・・・。んー・・・。
イングランドのルーニーが同じようなことして
退場になりましたよね^^;

んー、、これじゃ困りますよねぇ・・・。
せっかくベッカムの調子がいいんだから、
少し我慢してくれたらよかったのに・・。

ベッカムさんこまりますなぁ。・・。


<サッカーの面白いのがたくさんあります>
↑人気blogランキングへ飛びますです。
[PR]
by copa001 | 2005-10-24 16:53 | football of world
 【ロンドン23日時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグで23日、今季からボルトンに加入したMF中田英寿がウェストブロミッジ戦で待望のプレミアリーグ初ゴールを決めた。
 攻め続けながらゴールが奪えない。後半も終盤に差し掛かった36分、ボルトンのいら立ちを背番号16が吹き飛ばした。
 自ら奪ったFKは、ペナルティーエリア右すぐ外。右足で壁の左を狙い、ゴール左隅へ流し込んだ。満面に笑みをつくった中田に、仲間が祝福の輪で囲った。
 3日前にアウエーでの欧州連盟杯にフル出場したばかり。だが、疲れも見せず、前半から惜しいシュートを放つなどチームをけん引した。「中田はまだプレミアに順応し切ったわけではないが、常に挑戦し、質のあるプレーをしようとしている。これが続けば、彼は最高の獲得選手になる」。アラーダイス監督も本領を発揮し始めた日本人に期待を隠さない。
 故障にも泣いたフィオレンティナ時代の昨季はプロ入り後、初の無得点に終わった。公式戦ゴールはボローニャ(ともにイタリア)時代の昨年4月以来。忘れかけていたゴールの味は、新天地でさらに輝くきっかけになろう。
<ヤフースポーツ>

ついに中田やりました!!!
やっとゴールです。しかもFK!!

日本代表じゃFKの名手たちがたくさんいますが、
中田も実は名手なんです!!

いやあ、うれしいですねぇ!!!


<サッカーのblogを見るならこちら!>
↑人気blogランキングに飛びます!!
[PR]
by copa001 | 2005-10-24 09:46 | football of world
セルティックのストラカン監督はMF中村のアンゴラ戦(11月16日)の招集問題について「ジーコ監督とは話をしていない。われわれにとって一番大事な週になるかもしれないが、今は分からない」と言葉を濁した。アンゴラ戦前後のリーグ戦とカップ戦で宿敵・レンジャーズと立て続けに対戦するとあって、中村の招集には応じたくないのが本音。中村は21日、キルマーノック戦(23日)に向けた紅白戦に参加した。(グラスゴー・中島大輔通信員)
<ライブドア>

代表にシュンスケが帰れない??
代表のアンゴラ戦を11/16に控え、セルティックの監督はシュンスケ
を出したくないようです。

まあ宿敵のレンジャーズ戦ですからね^^;
中村のコンディションが低下するのはチームにとってかなりの痛手ですし・・・。

どうなるんでしょう・・。


<その他サッカーblogならコチラへ>
↑人気blogランキングへジャンプいたします。必見!!!
[PR]
by copa001 | 2005-10-22 09:27 | football of world

またまた変更。

11月16日の親善試合の相手がまた変更になりました。

相手はアンゴラになったようです。
コートジボワールがだめで、トーゴがだめで、やっとアンゴラです。
まあ確かに強いアフリカ勢ですが、なんともいい感じでの親善試合
にはならないような気がしてきました。

日本はなめられているのでしょうか?

ともかく16日の代表戦はたのしみですが・・・・。

<サッカーの人気blogがたくさんあります>
↑クリックしてください。人気blogランキングへジャンプします。
[PR]
by copa001 | 2005-10-21 13:20 | football of world
日本代表MF中田英寿(28=ボルトン)を来季の獲得候補としてリストアップしているアーセナルが、獲得条件として公式戦7ゴール以上を設定したことが分かった。中田は20日のUEFA杯ベシクタシュ戦に向けて19日、トルコ入りした。ベシクタシュ戦では先発が濃厚。欧州で1年半ぶりの得点を狙う。

 アーセナルの中田獲得プランは着々と進行していた。クラブスタッフは12日にキエフで行われた日本代表のウクライナ戦を視察。その結果「現時点で以前と違うのはシュートの精度。プレミアで中盤を任せるにはシュート力が必要なので改善が望まれる。今季のリーグ戦、カップ戦で7、8ゴール欲しい」と分析し、ゴール数を正式オファーの条件に設定した。

 「守備力と展開力があるのはわかっている。クレバーで、チームのバランスをコントロールできる選手だということも今までで証明されている」と一定の評価を受けているだけに、ボローニャ時代の04年4月10日、アンコーナ戦以来遠ざかっている得点が今後への最大のポイント。ベシクタシュ戦でのゴールは大きな意味を持つ。(イスタンブール・矢内由美子)
<ライブドア>

アーセナルがヒデに興味を示しているようです。
プレミア屈指の名門からとは光栄ですね^^

ただ、まだ100%とはいえないヒデに乗り越えなければいけない壁は
たくさんありそうです。

ファイトですね^^


<たくさんサッカーblogがあります??>
↑人気blogランキングへ飛びます。ぜひぜひクリックを・・・。
[PR]
by copa001 | 2005-10-21 10:08 | football of world
【ボルトン(英国)18日=森昌利】日本代表MF中田英寿(28)が所属するボルトンのサウ・アラーダイス監督(50)が18日、「このままでは中盤の中央でレギュラーは厳しい」と初めて厳しい注文をつきつけた。

 指揮官は「中田はほかのリーグから来た選手と同様、プレミアのスピードに多少、戸惑っている。イタリアではスペースがあったと思うが、プレミアでは彼の本領を発揮するには今ひとつスピードが足りない」と指摘した。代表東欧遠征後、リーグ王者のチェルシー戦(15日)では中田もなすすべもなく、1―5の大敗。「チェルシーのランパードらはアスリートとしてもすばらしい。もっとフィジカルの強い選手と対戦するには、スピードへの対応が課題だ」ときっぱり。

 UEFA杯、対ベジクタシュ(トルコ)戦(20日・アウエー)は先発予定だが、結果を出せなければベンチを温めることになる。
<スポーツナビ>

ボルトンの監督も厳しいですね・・・。
確かに中田にはいまいちスピードが足りないですよね。。

それはなんとなく前々からわかっていました・・・。
ただ、それを指摘されるとイタイ・・^^;

スピードアップって難しいですからね・・・。


<サッカーたくさんのblogたち!!>
↑クリックよろしくお願いいたします。ぜひぜひ!!
[PR]
by copa001 | 2005-10-19 14:40 | football of world
 柏のDF土屋征夫(31)が、浦和戦(15日、駒場)でFW田中達也(22)の負傷を招いたショックから、次節の川崎戦(23日、等々力)を欠場する可能性が高まった。18日、早野宏史監督(49)が「心が傷ついている。人の痛みが分かるなら(川崎戦は)難しいと思う」と話した。

 土屋は浦和戦で田中達と接触。田中達は右足関節脱臼骨折で全治5~6か月と診断された。試合は0―7の大敗。土屋は18日朝、クラブに現れ指揮官と話し合ったが、練習は欠席した。

 ラモス・コーチは「落ち込んでいるんだろう」と心配顔。土屋と連絡を取った主将のMF明神も「元気がなかった」と話し、田中達の回復とともに、仲間の精神的ショックからの立ち直りを願った。DF薩川は「バウル(土屋のニックネーム)はやるよ。家まで迎えに行く」と口にしたが、DF波戸も出場停止の川崎戦は、苦しい陣容を強いられそうだ。
<ライブドアニュース>

どうやら土屋選手も大変落ち込んでいるようです。。
そりゃそうですよね・・・。
落ち込まない方がどうかしてます。

しかし、サッカー選手には怪我は付き物です。
ただ、悔やんでも悔やみきれないあのタックル。。
二度とあんな危険性の高いタックルは選ばないで
ほしいです。まだ、シャツを引っ張るとかのほうが・・・。


<他のサッカーblogはこちらへ!>
↑クリックをしてください。人気blogランキングへ飛びます。
[PR]
by copa001 | 2005-10-19 09:30 | football of world
カッサーノ問題がまた新たな局面を迎えた。
今度はイタリアサッカー選手協会(AIC)が絡んでくる可能性もある。
カッサーノはAICに助けを求めようとしているようで、
合意に至らない場合は契約の解消を要求する準備もあるようだ。

現地時間の火曜日・午後に行われる練習の際には、
シーズン序盤戦の戦いぶりに失望したサポーターから、激しい抗議が予想される。
<スポーツナビ>

カッサーノ、あれだけの才能をたかが金銭問題で埋まらせるのは
はたしてどうなんでしょうか・・・。

モチロンサッカー選手には金銭ってのは一つの自分に対しての評価
に直結しますし、大切なことですが・・・・。


<このblog以外のチョー面白いサッカーブログはコチラへ>
↑人気blogランキングにはたくさんの面白いサッカーブログがあります。
[PR]
by copa001 | 2005-10-18 13:31 | football of world